バーチャルオフィス

バーチャルという言葉の通り、実体のないオフィス(事務所)です。
つまり、ある一つのスペースを使い、そこを複数の企業が事務所として表記するのがバーチャルオフィスです。

そんなことができるのかと疑問が出てくると思いますので、一つ一つお答えしていきます。

まずは電話について。
複数の企業が事務所として使うのであれば、電話番号もそれぞれ必要になりますよね?もちろん問題ありません。

複数の電話番号をそのスペースに引き込み、鳴った電話はそれぞれの企業が指定する番号へ転送するのです。
それならそこに誰かが常駐する必要はありませんよね。

次に郵便物について。
それぞれの企業がそれぞれのホームページ等で住所表記しますので、同じ住所に複数の企業宛の書類が届く可能性があります。
それももちろん問題ありません。

この対応については各バーチャルオフィスによりますが、担当のスタッフがそこに常駐し、それぞれの企業名で振り分けて保管してくれる、もしくは転送(再郵送)してくれます。
これで郵便物の問題もクリアです。

入居時の賃料とレンタルオフィス

中には、入居した時の賃料は一定の期間限定で安くします、または無料にします、などと行ったサービスを行っている事もある様ですね。賃料が高いと経費がかさむ事もあります。

でも、一定期間だけの賃料だけでレンタルオフィスを決めるのではなく、総合的に考えてどんな物件なのかという事を判断したいですね。賃料以外の点においてはどうか考えてみましょう。

サービス内容の種類が多く充実しているか、仕事スペースは十分に広いか、などという事も忘れてはいけませんね。

いい条件で貸してくれるレンタルオフィスはすぐに満員になってしまう事もある様ですので、気になる物件があれば空き状況の確認などを行っておいた方がいい場合もあるでしょう。

短期利用が可能な東京に位置するレンタルオフィス

インターネットを使って探してみると東京に位置するレンタルオフィスはたくさんありますが、短期利用に向いている物件もあります。東京に位置するレンタルオフィスは一時的に使う人もおり、短い場合では数時間だけ使う事もあります。

また、東京に位置するレンタルオフィスの中には1日だけの利用や、もしくは数日や数週間と言った期間の利用も可能です。東京に位置するレンタルオフィスによっては内容や環境によって向き不向きが存在する事もあります。東京に位置するレンタルオフィスの中から適性を判断するのは自分自身です。必要があれば会社に質問をするなどして、まずは情報を集める所から行いましょう。

開業後利用したい東京にあるレンタルオフィス

準備期間だけではなくて、東京にあるレンタルオフィスを開業した後もずっと利用したいという事もあります。東京にあるレンタルオフィスの中でも、長く利用した際に費用が負担とならない物件を選んでおくと、引っ越しをする必要もありません。

東京にあるレンタルオフィスを利用しても、何度も引っ越しをすると手間がかかるばかりが、信用にも関わります。ですので、一度決定した東京にあるレンタルオフィスは長く使い続ける事ができれば好ましいでしょう。東京にあるレンタルオフィスと言っても、サービスの内容は違いますので、自社に合わせて選ぶ必要があります。ビジネスは続けるという事が重要ですので、長く利用し続ける事ができればいいでしょう。

レンタルオフィスの活用方法について

全国に数多く存在しているレンタルオフィスには、椅子や机、インターネット環境などの設備面だけでなく、電話受付や郵便物受け取りなどの代行サービスもオプションとして整えられているオフィスが多く存在しています。

場所を問わずに仕事を進められる方や、これから起業を考えている方のスタートアップ拠点などとして幅広く活用されており、カフェやコンビの有無、駐車場の設備など、様々な周辺環境を比較しながら、目的に応じた仕事環境探しを行うことも可能です。短期の利用契約も可能であるオフィスが多く、利便性の高いものとして知られています。

個人の企業に最適なレンタルオフィス

個人で起業する場合、いきなり一等地に事務所を構えるのは、まず不可能でしょう。しかしレンタルオフィスを利用すれば、一等地に事務所を構える事が出来るとあって、初めからビジネスに向いている環境の中、起業することが出来ます。

また、貸事務所よりも安い費用で利用できるというメリットもあります。さらに、デスクやオフィスチェアといった最低限必要な家具も揃っています。その為、一からオフィス家具を揃える手間も省ける上に、初期費用を最低限に抑える事が出来ます。こうしたメリットから、個人で起業する方にはレンタルオフィスは非常に便利です。

レンタルオフィス関連のコラム