示談の内容に疑問があれば交通事故弁護士に相談

交通事故にあってしまった場合、通常は間に保険会社が入って保証などの問題について話し合いが行われます。 しかし保険会社はあくまでも保険を支払うか支払わないかについて提案してくれるだけで、本当の意味では親身になって相談にのってくらないといえます。

また厳密にいえば法律的には示談交渉をする資格がないのです。 ですから通常は前例に倣って金額や事故割合が決められていくのですが、その内容に疑問を持ったとしてもなかなか自分自身では交渉をするのは難しいといえます。 そこで専門家である交通事故弁護士に相談してしっかりと交渉してもらいましょう。

適正な損害賠償の見直しなら交通事故弁護士へ

交通事故弁護士なら、法的見地からその被害者にとって適正な損害賠償がどの程度のものか、その場で算出してもらうことが可能です。そのため事故の状況や怪我の状態、治療経過など被害者が置かれている現状など総合的に判断するため、無料相談をおこなっています。

また、保険会社の対応に納得できない場合や、後遺障害認定に不満がある場合なども相談することができます。電話でも可能ですから、遠方の方でも利用しやすいと思います。また現在加入している自動車保険や火災保険に、弁護士費用特約がついている場合なら、依頼費用も心配せずにすみます。

車の事故による損害賠償なら交通事故弁護士へ

交通事故弁護士のもとには、「後遺障害があっても保険会社がとりあってくれない」「しっかり損害賠償を請求したい」といった被害者の相談が数多く寄せられているようです。後遺障害など医療知識にも精通しており、保健会社の内情も知り尽くしている専門弁護士であれば、このような問題にもしっかりサポートしてくれるようです。

人生でそう何度も被害者になるわけではないので、交通事故弁護士の存在を知らずに、保険会社の言われるままに泣き寝入りするケースが多いのも事実です。ですが、このような専門弁護士がいるということを覚えておくことで将来役立つことがあるかもしれません。

交通事故弁護士の役割について

交通事故弁護士の役割を知っていますか。事故による後遺障害認定や過失割合の見直しなど、被害者の立場に寄り添い、全面的なサポートをおこないます。加害者には保険会社がついていますが、怪我を負わされた被害者であるにもかかわらず、すべて一人で対応しなければいけないのが現状です。

また事故の大きさによって、後遺症が残ったり、仕事への影響など、その後の人生にも影響を及ぼすこともありますから計り知れない損害を被ることになります。交通事故弁護士なら、その損害に対して、適正な慰謝料請求をおこなえる唯一の存在となります。

交通事故弁護士って普通の弁護士と違うの?

交通事故弁護士といっても大まかに言ってしまえば弁護士であることに変わりありません。では一体どこが通常の弁護士と違っているのでしょうか?医者ですとわかりやすく内科・外科・耳鼻科・歯科・脳外科などに分かれており、その科ごとに先生が違いますよね?

それはその分野を勉強してきた先生が担当しているからです。弁護士も医者と同じように自分が得意な分野と、苦手な分野があります。交通事故弁護士というのは当然交通事故に特化している弁護士さんで、経験値が他の人と違います。特に後遺障害の補償金などは今までどういった案件を担当してきたかによってかなり変わってきますので、できる限りそういた得意な人を選んだ方がいいです。

交通事故関連

メニュー

交通事故について

債務整理、過払い請求について

弁護士・法律事務所について

離婚について

借金相談について

司法書士について