借金問題

債務整理、自己破産、過払い請求。

長引く不景気の影響もあり借金問題で苦しむ人が増えています。

消費者金融などの業者はお金を貸すことが仕事なので、ゆるい審査でお金を貸すなど借りやすい状況を作っています。

しかし、お金に困っている人は返すアテがなく借金を借りるので返すことが非常に難しく余計辛い状況に陥ってしまいます。

借金が膨らみ身動きができなくなる前に債務整理をするなどの対処をすることが重要です。

債務整理や借金問題は自分ひとりで解決することが難しいので、弁護士などの専門家に相談すると良いでしょう。

「債務整理」はその名の通り「債務=借金」を整理しようという意味です。

債務整理の方法はいくつかありますので自分の状況を把握して、適切な方法を選びましょう。

多重債務者がする債務整理の選び方

多重債務者として、複数の貸金業者に取立てをされている人も多いでしょう。給料を借金の返済に当てて、生活が苦しくなっているのであれば、債務整理をすることがおすすめです。債務整理をする場合、どれを選べばいいでしょうか。主に減額して返済できる能力があるのであれば、任務整理や個人再生になります。

ですが、減額しても返済できる能力がないと判断されるのであれば、自己破産をするしかありません。どれも弁護士に依頼することで、難しい手続きや裁判所に申し立てる作業をスムーズに行ってくれます。費用に心配があるとしても、無料の相談会もあるので活用してみましょう。

弁護士への依頼で進められる過払い請求

弁護士や司法書士など法律に関する専門家が請け負っている案件には、借金問題に関連した内容が多くなっています。債務整理や返済方法以外にも、過払い請求手続きに関することでも相談が可能とされていて、個人的に解決させようと頑張るよりも、素早く安全に問題解決できます。

借金の返済と一緒に支払った利息が、過払い金になっている可能性も多く、返金してもらうには請求手続きを進めなければいけません。借入先との直接的な連絡が必要となるものの、面倒な作業などを全て依頼業務として任せられるため、余計なストレスを抱えずに済ませられます。

多重債務者が自己破産をするメリットとデメリット

債務整理の方法によっては、債務者の状態によりメリットとデメリットが存在します。多重債務者の場合、借金の総額にもよりますが、任意整理や個人再生のほか、自己破産まで選べます。借金の総額が多く、減額しても返済の目処が立たないなどは、自己破産をするしかありません。

これのメリットは、裁判所に免責の認可が下りると借金がなくなり、弁護士に手続きのお願いをした時点から、督促が来なくなります。ですが、ブラックリストに載ることや、手続き中はお金を借りるキャッシングはもちろんのこと、ローンを組めなくなるデメリットもあります。

自己破産をするなら多重債務の状況次第で

多重債務を抱えている人にとって、少しでも安心できる状況を作っておきたいところです。金額的に多いことがわかっている場合は、すぐにでも自己破産の考えを持ちたいところですが、実際に行っていく場合には微妙に厳しいところもあります。そこで金額的な状況をつ考えるようにしてから行いたいものです。

かなり金額として多くなっているような状態になっているなら、それは少しでも抑えるようにしておきたいものです。多重債務を抱えている場合には、早々に自己破産を検討しても構いませんが、失敗しないように調整しなければなりません。

借金相談関連

メニュー

交通事故について

債務整理、過払い請求について

弁護士・法律事務所について

離婚について

借金相談について

司法書士について