個人事業の会社設立

個人事業の会社設立をする場合、事業をはじめてから3ヶ月以内に最寄りの税務署に開業届を提出することになっています。

こうすることで、税法上あなたの事業は「個人事業」という扱いになります。またあなたは「個人事業主」になり、あなたが事業から得る所得は「事業所得」と言うことになります。

まず、会社設立をするのであれば社名を決定しなくてはいけません。会社設立をすると変更するのがなかなか難しいと思いますので、できるだけ気に入った社名を決めておきたいですね。

中には占いなどが好きな人もおり、社名の画数なから判断して、できるだけ運がよくなりそうな社名を付けるという人までいるみたいですね。

あまりにも長すぎる社名などは顧客に覚えてもらいにくくなる可能性もありますので、覚えてもらいやすい社名の方がいいかもしれませんね。

取り扱っている商品に関連のある名前でもいいと思いますし、全く関係がないものでもいいでしょう。信頼性のある様な名前や、斬新でユニークな名前にする事もできます。