レンタルオフィス

貸事務所も含めて広い意味でレンタルオフィスと言うこともありますが、ここではレンタルスペースの意味合いの強いレンタルオフィスについてご説明致します。

レンタルオフィスは広い事務所の中がパーテーション等で仕切られており、その区切られた一つ一つをそれぞれの企業が借りるというスタイルです。

もちろん法人でなくても個人事業でも結構ですし、SOHOなどの方も多く利用されています。

通常の貸事務所と比べて何が違うのかというところですが、まずは賃料が安いということです。

その分スペースも狭いですが、最近ではインターネットを活用した営業やビジネスが主流になってきていますので、パソコンが一台あれば仕事ができるという人にとっては全く問題ないと思います。

他にはコピー機を共同で使えたり、ドリンクが飲めたり、打ち合わせスペースを時間で借りられたりと、それぞれのレンタルオフィスによって様々なサービスが提供されています。

都心に増えてきているレンタルオフィスとは

都心に増えてきているレンタルオフィスとは、 世間ではレンタル事務所ともいい、事務所やビルを持たない企業などに、事務所用の場所を貸すことです。

レンタルオフィスを借りる際は、入居審査や保証人が必要の場合があります。

また、契約期間や備品の内容、交通の便や立地条件なども事前に確認することが必要です。いくつかのレンタルオフィスを比較して、事業にあったプランを探すと良いでしょう。

レンタルオフィスは、机やイスなどの家具や、インターネットなどの通信設備は既に揃っているので、すぐに業務をスタートさせることが可能です。退去する際も、そのままの状態で返せるので、お金も時間もあまりかかりません。

まだ設立したばかりの会社や、社員の人数が少ない会社なら、レンタルオフィスを借りれば負担も少なく経営できます。これから独立、開業を考えている人はご検討されてはいかがでしょうか。

柔軟性に優れたレンタルオフィス

普通のオフィスであれば、なかなか柔軟に利用できるという事は少ないかと思います。しかし、レンタルオフィスの場合には短期での契約も可能ですので、柔軟性に優れていると言えるでしょう。

副業なので気軽に仕事スペースを利用したい人はレンタルオフィスが使いやすいのではないでしょうか。レンタルオフィスにおいては週末だけ利用するという事も可能でしょう。

利用する分だけ支払いができるのがレンタルオフィスのいい点です。低予算でビジネスを開始するとしても、家賃がネックになる事も多いと思いますが、レンタルオフィスがあれば、家賃の事で悩まされてしまう事もないのではないかと思います。仕事に集中できそうです。

よく検討したいレンタルオフィス

やはりレンタルオフィスは、内装にも力を入れている事が多いので、きれいだと感じる事が多いと思います。しかしながら、レンタルオフィスはビジネスの現場となりますので、働く場所として適切かどうか、仕事がはかどるかどうか、外部の人にいい印象を持っていただき、取引していただけそうかという点を確認する事は欠かせないでしょう。

1件のレンタルオフィスを訪れただけではよくわからない事もあると思います。その様な場合には、できるだけたくさんのレンタルオフィスを訪れてみると分かりやすいと思われます。自分の目でレンタルオフィスをしっかりと見て、利用する事を決定するかどうかを判断する様にしましょう。

静かなレンタルオフィス

人によっては少し賑やかな場所の方が集中できる人もいれば、静かな場所の方が集中できる事もあるでしょう。レンタルオフィスによって静かさは違います。デスクを借りるタイプのレンタルオフィスは、隣の人が電話で話す声などが聞こえます。

しかし、個室のレンタルオフィスでは全く人の声などは聞こえないでしょう。静かさにこだわる人は、レンタルオフィスの内覧会などに参加して、確かめておくのもいいでしょう。

レンタルオフィスと言っても長期契約をしてしまうと、すぐに解約するという事が難しくなる事もあると思いますので、入居を検討する時点において、できるだけ細かくいろんな事を確認しておく方がいいでしょう。

調べたいレンタルオフィスの基本料

料金体系について調べてみると、レンタルオフィスにおいては基本料とオプションサービスの費用が必要となる場合が多い様です。レンタルオフィスを利用するに当たり、まずは基本料について知りたいという人が多い様です。

また、レンタルオフィスでは基本料がいくらであるかという事はもちろんですが、レンタルオフィスの基本料にはどの様なサービスが含まれているのかという事についても把握しておく必要があります。

レンタルオフィスのオプションサービスはできるだけ利用しない予定だという場合であったとしても、仕事において必要不可欠なサービスもあるかと思われます。必要な費用については、すべて含めて考える様にしましょう。

拠点を知りたいレンタルオフィス

場合によってはレンタルオフィスにはたくさんの拠点がある場合もあります。国内に拠点を持つレンタルオフィスもあれば、海外にも拠点があるというレンタルオフィスもあるかと思われます。

全国に展開したい場合や、出張などでいろんな場所を訪れる際には、レンタルオフィスの拠点がどこにあるのかという事を把握しておくと、必要になった際にはすぐに連絡をして利用する事ができるでしょう。

意外な所に、レンタルオフィスの拠点があって、思いの他利用しやすく感じられる事もあるかと思われます。拠点を知りたい場合には、ホームページを利用すると、すぐに詳細が分かるでしょう。連絡先についても記載されている事でしょう。

レンタルオフィスのサービスについて

東京にあるレンタルオフィス会社では、事業を起こそうと考えている起業家や、少数精鋭で飛躍を目指す企業に向けて、オフィスの貸出し以外のサービスもおこなっていることがあります。例えば社員の負担を軽減するために、受付業務を専任のフロントスタッフが担当することが挙げられます。

来客者の受付業務、荷物や不在時の書類の受け渡し、応接室を利用する際のティサービスなどです。また、ロビー、廊下、階段、エレベーターといった共用部分の清掃、ごみ処理や灰皿の片付けを毎日おこなうサービスを展開しているレンタルオフィスもあります。

レンタルオフィス と貸し事務所の違い

東京には、レンタルオフィスがたくさんあります。貸事務所も、もちろん多いです。貸事務所の違いは大きくは、初期費用の違いです。貸事務所を利用する為には、不動産の業者に仲介をしてもらって借りる事になります。

仲介手数料や敷金や礼金、保証金などが必要になります。内装工事も必要になりますし、オフィスの家具も用意しなければなりません。これだけでも、初期費用がかなり掛かってしまいます。レンタルオフィスでは、敷金や礼金は必要ないところがほとんどです。内装も出来上がっており、家具も設置されていることが多いです。初期費用は安く済みます。

レンタルオフィス関連のコラム