モラハラ離婚とはどんな行為?

身体的にダメージを与える暴力だけではなく、モラハラ離婚といわれるケースが増えています。モラハラは、言葉や態度で相手を傷つけるもので、言葉の暴力とも言われる行為です。自分の言う通りにならないと気が済まず、相手を精神的に追いつめるパターン、自分の常識を押しつけ相手を洗脳していくパターンなどがあります。

それらの言動により、もはや結婚生活を続けることが困難である場合には、弁護士などに相談するのが良いです。離婚と慰謝料に関わる取り決めがスムーズです。慰謝料は精神的なものを含む、暴力のあった期間やケガ、後遺症などが考慮されます。

モラハラで別居から離婚になるケース

場合によっては、相手のモラハラがひどくすでに別居中の夫婦が将来のために離婚をしたいと考える事もあるでしょう。すでに別居をしている場合には、モラハラや離婚の事について話をする機会は多くないかもしれません。

もし、モラハラが原因で関係が悪く、連絡が取れない時には、離婚の事で法律家から相手に直接話をしてもらう事もできます。法律家がいれば、相手と顔を合わせたりする事なく、離婚ができる場合もあるかもしれません。

モラハラで深刻に悩んでいるのであれば、時には離婚の文字が浮かぶ事もあるかもしれません。モラハラにより大きなトラブルとなってしまうまでに、無事に解決する事ができればいいですね。

モラハラ離婚に関する準備

モラハラ離婚を考え始めたらまず準備を始めたいのが、モラハラを受けているという証拠を集めることです。 モラハラは精神的な攻撃なので、DVのように見た目でわかるものではないので根気が必要になります。

離婚のときに証拠として役立つのは言われたことのメモや録音したものなので、日記を書いたりレコーダーを用意しておくと良いでしょう。 証拠がなければ言った言わないの水掛け論になってしまうので、こういった証拠があると離婚はスムーズに進むことが多いです。 もしカウンセリングに通っている場合にはその診断書を用意しておくのも有効です。

相談の環境が整いつつあるモラハラ離婚

最近ではモラハラ離婚を取り巻く環境というのは良くなっているかと個人的に思います。というのも、モラハラ離婚はだんだん多くの様に知られる様になりました。モラハラ離婚について多くの人が知ると、こんなに大変なのだという事を理解する人が増えると思います。

ですので、モラハラ離婚をする際にも、周りの理解があると気持ちも楽になる事もあるかと思います。さらにこのままモラハラ離婚について理解がある人が増えるといいですね。

そして、離婚を扱う弁護士の中にも、モラハラの相談を受け付けている機関も増えているみたいです。深刻に悩んでいる人にとって、相談の環境が整いつつあるというのは本当に助かりますね。

モラハラ離婚の特徴について

精神的な暴力といった嫌がらせが原因となった離婚をする場合、夫側が簡単に別れてくれない場合があります。このような、モラハラ離婚という結果になってしまう夫の特徴として、嫉妬深いことや表面的には良い夫である、というポイントがあります。

結婚をする前に夫となる人のことを、もう一度良く見てみることが大切です。一度結婚して家庭をもってしまうと、簡単に離婚を決意することは難しく感じてしまいます。自分の人生を大切に考えて結婚を決めるようにすることが大切です。そして、もしもモラハラに悩んだ時には早めに相談をして無理をしないことが大切です。

離婚関連

メニュー

交通事故について

債務整理、過払い請求について

弁護士・法律事務所について

離婚について

借金相談について

司法書士について