司法書士

登記専門の国家資格です。

最近では簡裁訴訟の認定を受けることで弁護士と同じように裁判所に立てるようになった(事件の金額等により制限はありますが)

ますます活躍の場が広がっているこの資格は、非常に人気のある国家資格と言えるでしょう。

あなたも、司法書士を目指してみてはいかがでしょうか。

会社などの法人登記を行うのが仕事。

重要な仕事なのでそれなりの資格と知識が必要になる。

また、司法書士は信頼できるかという点もポイントになる。

司法書士を使ってメリットを得られる理由

メリットを多くしたいと考えている場合は、費用面での負担を考慮して司法書士を使います。弁護士の依頼報酬は高いとされている傾向があり、しかも長期になればなるほど負担が増加する可能性も出ています。

ある程度負担を軽減しながら、依頼を出しやすいようにしていることが望ましいので、長期でも負担を軽減してくれる司法書士というのはいいことです。これから依頼を出したいと思っている方も、負担を軽減する方法は多く取られていて、しかも短時間で完了してくれるなら追加費用も出ない場合があります。制限はあるものの、いいところは多いのです。

司法書士に相談できること

司法書士に相談できることとしては不動産や企業の登記業務、借金問題における債務整理などがあげられます。他にも成年後見の制度や、裁判と相続の業務などがあげられ、多くのことに対応してくれることがあげられます。

身近な法律家であることもあげられ、弁護士よりもハードルが低いことがメリットとしてあげられます。費用面などでもリーズナブルな点があげられ、人によっては債務整理を弁護士ではなく、司法書士に依頼する人もいるほどです。今後においてはますます活躍の場が広がり、期待される法律家であることがあげられるでしょう。

司法書士に向いている人

司法書士の仕事はほとんどが書類にまつわることがあげられます。そのことから、きっちりとした人の方が向いていることがあげられます。万が一、書類などに不備などがあれば計画が変動してしまう事はもちろんのこと、重大な結果に繋がってしまいかねない点もあげられます。

また、正確さだけではなく、市民の味方でありますので正義感が強い人、コミュニケーション能力が高い人などが向いています。司法書士の試験自体が、非常に難関度が高いことがあげられますので、試験が合格した暁には業務においても、一生懸命に取り組んでくれることでしょう。

司法書士の業務について

司法書士の業務については、最近になって多岐にわたるようになってきています。その一つとしては、以前まではなかった借金相談における債務整理などの業務が加わってきたことがあげられます。また、成年後見などの役割を担っていることもあげられます。

この制度については、お年寄りが増える今後においてニーズが増えていくことがあげられます。司法書士については、今後において大きな役目を担っていると言ってもいいでしょう。取り扱う業務が数多く大変であることが言えますが、身近な法律家としてやりがいを持って対応してくださるでしょう。

司法書士・弁護士関連

メニュー

交通事故について

債務整理、過払い請求について

弁護士・法律事務所について

離婚について

借金相談について

司法書士について