過払い請求とは

最近、過払いという言葉はよく広告などで見かける事も多いのではないでしょうか。
過払いは借金と密接な関係にあります。

金融機関から借金をしている人が返済する際に、返済する義務のない余分なお金まで返済している事があります。

その余分に支払いすぎた金額を金融機関に返済してもらう様に請求する事を言います。
しかし、一度過払い金を請求した金融機関からは二度と借金をする事ができなくなりますのでその点には注意しましょう。

また、過払い金は人により状況が全く違います。
専門家に相談するなどして自分の現状を把握する事が大切と言えるのではないでしょうか。

過払い請求で弁護士以外を使うのは

弁護士を利用すれば楽とされているのに、弁護士を使わない人もいます。過払い請求で利用しない理由としては、金額的にそこまで多くないからです。金額が多くなっていない場合は、司法書士でも回収できる可能性がありますので、問題なく回収できるようなら司法書士を利用していればいいのです。

無理をしないまま回収できる状況を作れるようになって、費用面での負担も軽減できるなら、別に依頼を出さなくてもいいでしょう。ただ回収できる金額が多いことがわかっているのに利用しない方法は、過払い金を捨てているようなものですからやめてください。

多くの結果を過払い請求で出す弁護士

実際に行っている回数も多く、しかも結果として多く出してくれるのが弁護士です。過払い請求によって、あらゆる情報を提供してくれるところがメリットとなっていて、請求できる金額が多くなっている場合や、どれだけでも返してもらいたいと思っている時に利用できる場合があります。

多くの結果を出したいと思っている弁護士も多くなっており、依頼を受けた場合は速やかに情報を収集して、交渉にあたってくれます。これまでにない結果を出してくれる場合や、何度も請求している場合でも、ここまで回収できるのかと思えるくらいの金額が戻ってくる場合もあります。

過払い請求の相談は弁護士へ

借金の返済が終わり、安心している方の中には、多く払い過ぎていた過払い金が戻ってくることがあります。その申請には、個人で行うのは知識が必要なため、弁護士に依頼するのがおすすめです。いきなり事務所に行き、相談するのは敷居が高すぎることや、どのように相談すればいいかと思うかもしれません。

その場合、地方自治体が行っている無料の相談会に参加することで、相談時間が限られているときもありますが、担当の弁護士に直接過払い請求について相談できます。自分が該当しているのかを知るためにも、一度相談に行ってみてください。

過払い請求を借入時に行う場合は弁護士に相談を

借金を完済し、過払い金請求を行う場合には、特にブラックリストに載ったりしませんが、返済途中に過払い請求を行うと、債務整理となることもあります。借金を返済していて、過払い金請求を行うとその時点で、信用情報期間に債務整理の登録がされます。

全て完済できるのであればいいですが、1円でも残ってしまった時には、ブラックリストに載ってしまいます。そうならないためにも、過払い金の請求を行うならば、専門の弁護士に依頼しましょう。どれだけ過払い金がもらえるのかも調査しくれるので、リスクを負うことなく請求ができます。

債務整理、過払い請求関連

メニュー

交通事故について

債務整理、過払い請求について

弁護士・法律事務所について

離婚について

借金相談について

司法書士について