弁護士とは

弁護士(べんごし)とは、法的手続において当事者の代理人、被告人の弁護人として法廷で主張・弁護等を行うほか、各種の法律に関する事務を行う職業、あるいはその資格を持った者をいう。

弁護士は、法律相談をしたり、当事者の代理人として、各種の法律に関する事務処理や主張・弁護活動等を行うことで報酬を得る。

日本では、その職掌・資格に関しては弁護士法、弁護士職務基本規程などで規定されている。
(wikipediaより引用)

弁護士の業務は法律に関わるい問題を取り扱いますので、人の身分や地位などに関係なく、すべての人に公平に接しなければいけません。

どんなに悪い事件を犯した犯罪者や身分の高い人であっても関係ありません。しかし、法律は非常に複雑であるためどの法律が適応されるかは弁護士により違う場合があります。

弁護士だからと言って、すべて同じ判断だとは限りません。どの弁護士に依頼するかによっても違います。そこが弁護士の腕の見せ所と言えるのではないでしょうか。

いざとなった時は弁護士

今回は生きていれば一度は気になる弁護士さんの話です。その中でも結婚する時は、みんなに祝福されてすんなりと式を終える事ができますが、例えば、こちらに非がある場合の離婚は、すんなりと行きません。離婚後の生活などの事も考えたら、子供の親権や養育費や財産分与など、ちゃんとした事を知らなくてはいけません。

お金の事は後々まで続く話なので、面倒だと思っても納得のいく形になるまでちゃんと話し合いをするべきです。なるべくいろんな先生とお会いして、自分と相性の合先生を見つける事がポイントとなります。人生は一度きりなのです。

弁護士 と司法書士の違い

法律全般にかかわれるか、分野、範囲の一部だけにかかわれるかの違いです。司法書士は登記や供託が主な仕事になります。法務省の認定を受ければ、認定司法書士として、紛争の解決業務に携わる事が認められています。法律問題の解決が本来の仕事である弁護士のように、法律業務範囲に制限がないわけではありません。

複雑な事実問題や法律問題のないものに限られます。本来は、不動産登記、商業登記が専門分野です。また、借金問題などは何処も無料で相談に乗る事になっているので、気軽に相談する事がおすすめです。料金に関しては、必ずしも、司法書士の方が安いわけでもありません。

早く対応する弁護士は高評価

対応の早い弁護士ほど、高い評価を受けられる傾向にあります。多くの評価をしてもらうことで、アピールできるポイントをもたらせる場合があります。すぐに解決して、とにかく成功しやすいとされている状況がわかるなど、メリットを得やすくなっているのはとても大事になっています。

あまり知られていない内容でも、すぐに対応して実行する、弁護士にとって重要な事です。少しでも早く解決できるように、普段から色々考えていくのも大事で、少しでも知識を持っているといいでしょう。高い評価を受けている場合には、当然依頼も殺到していくのです。

弁護士は長期休暇も取得できる

忙しいと思われがちな弁護士ですが、お盆や正月休みはしっかりと取得できます。しかも、その他の長期休みも充実しているので、弁護士の中には海外に慰安旅行に行く方もいます。業務としては、裁判所に出廷しなければならないなど、決まった日程で動かなければいけないので、時間に追われます。

また、平日の残業の時間も、自身の知識を増やしたり、調査の内容を集中して整理するために遅くまで残っている場合もあります。そんなことがあるので、忙しいイメージがついたのでしょう。忙しい中でも、仕事とプライベートを分けることができるのも魅力ではないでしょうか。

司法書士・弁護士関連

メニュー

交通事故について

債務整理、過払い請求について

弁護士・法律事務所について

離婚について

借金相談について

司法書士について